ペットの避妊はマナーですよ

犬のために

花をくわえた犬

ペットが亡くなっても、しっかり火葬を行なうサービスがあります!ペット供養は大阪でも実現することができ、利用者も多くいます。

「避妊」と言う言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。避妊をすることで望まない妊娠を防ぐことが出来るでしょう。
雌犬は避妊手術と言います。そして、雄犬が去勢と言います。
避妊手術をすることで沢山のメリットを得ることが出来るでしょう。

出産をしたことのない雌犬は子宮蓄膿症や卵巣腫瘍にかかりやすいです。避妊手術をすれば解決する問題とは言えませんが、確率を確実に下げることが出来ます。
特に子宮蓄膿症は確実と言って良い程、発症を防ぐことが出来るでしょう。
病気になってしまうと進行が遅いものもありますが、進行が早いものもあります。2週間が経過すると亡くなってしまう犬もいます。
犬のことを考えると避妊手術を受けさせた方が良いと言えるでしょう。

近年はペットを捨てる問題が取り上げられています。
山や道端に捨てる方が多く、野良犬となり人々に噛み付いてしまう犬も多いです。
しかし、それは犬が悪くないです。犬は生きていく為に本能的に行動をしているのです。人間が犬の生活を脅かしていると言っても過言ではありません。
捨てられた犬は保健所に連れて行かれて、殺処分をされます。犬の命を無駄にしてしまうことになります。
育てきれるだけ世話をする必要があります。大事な命を無駄にしない為にも避妊手術は、非常に大切だと言えるでしょう。
犬の避妊手術は動物病院で行なうことが出来ます。
避妊手術は負担がかかる手術の為、犬の体調などを慎重に見てから検討をするようにしましょう。

獣医師が監修する環境で育ったトイプードルなら安心して購入できます。注目の子犬から新着の子犬まで写真でチェックできます。

もしもの時に必要となるペット保険は愛するペットを守ってくれます。高額な治療費を抑えることで病気をしても安心です。

必要な費用

考える女性

犬の避妊手術には費用がかかります。避妊手術は開腹をして行なう為、時間がかかれば費用も大きくかかるでしょう。病院によって手術費用は異なります。その為、しっかりと確認をした方が良いと言えるでしょう。

» 詳細を確認する

負担がかかる

医師と看護師

卵巣のみ摘出をする方法や、卵巣と子宮の両方を摘出する方法があります。どの方法が良いのか獣医と考える必要があると言えるでしょう。避妊手術は雌犬にとって大きな負担となる為、じっくりと検討をしましょう。

» 詳細を確認する

発情期が終えてから

親指を立てる女性

犬の避妊手術は発情期が終わってからするようにしましょう。発情期の最中は血管が太い為手術をすると、悪影響があります。獣医と相談をしながらいつから始めるか考えましょう。

» 詳細を確認する

ストレスの緩和

犬と対話する女性

避妊手術をすると傷口の痛みからか、犬はストレスが溜まってしまいます。デリケートになっている為、こまめにかまってあげることが大事です。また、身の回りの世話もしっかりとしてあげましょう。

» 詳細を確認する