並んだ花

負担がかかる

医師と看護師

犬の避妊手術はどういう風にするのか分からない方が多いです。
避妊手術をすることは早々ない為、仕方のないことでしょう。しかし、犬を飼っている家庭はどういう方法に避妊手術をするのか知る必要があります。

卵巣摘出手術があります。名前の通り卵巣だけを摘出します。
子宮は残すことが出来る為、多少手術の負担を減らすことが出来るでしょう。
犬の体力が心配な方や開腹に不安がある方はこちらの手術方法が最適だと言えます。
卵巣のみを摘出する為、開腹する範囲を狭くすることが可能です。
子宮と卵巣を摘出する手術と卵巣だけを摘出する手術の回復期間は、どちらも変わりはないです。

卵巣のみを摘出する方法もありますが、卵巣子宮摘出術もあります。
子宮と卵巣の両方を摘出する為、開腹の範囲も広いです。その為、犬に大きな負担がかかってしまうでしょう。
開腹手術は出血する量も多いです。卵巣子宮摘出術は卵巣のみを摘出する手術方法より、出血量が増える為術後の貧血が心配されます。
また、研究者によると卵巣子宮摘出術より卵巣摘出術の方が良いと言う方もいます。
どんな避妊手術をするのかは自分で決めることですが、あらゆる意見を参考にすると良いでしょう。
一番は犬に合った避妊手術をすることなのではないでしょうか。

避妊手術をして貧血気味の場合はレバーをあげる飼い主もいます。
どういった餌を与えていいのか獣医師と十分に相談をしておきましょう。
相談をすることで、手術後のケアをスムーズにしてあげることが可能になります。